FC2ブログ

めぐり逢う世界

旅行のことを中心に、学部やPC関係の話も少し紹介したりするブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

英文解釈・和訳の参考書とプラン

英文解釈・和訳の参考書の紹介です。殆どの大学が正しく解釈ができてるか確認するために和訳問題を出してると考えているので、一緒に紹介することにしました。

正しく解釈できているか確認するためにも、これから紹介する参考書は全訳しながら進めていくことを勧めます。例文もそこまで長くないものが多いですしね。

英文解釈の勉強を進めるルートはいくつかあると思いますが、そのうち1つを紹介することにします。



ビジュアル英文解釈[PartⅠ]→ビジュアル英文解釈[PartⅡ]→英文解釈教室

これらの参考書はどれも時間がかかるので高3の夏から始めるなどといった場合には少し無理がある。
一部の大学を除いて、英文解釈教室までやるのは必要ないかもしれない。しかし大学に入ってからのことも考えると、ある英語学習が無駄になるといったことはないと思うので、やるやらないは自分で判断して決めてほしい。英語が得意な人はビジュアル英文解釈を飛ばして構わない。

ビジュアル英文解釈

文構造の把握の仕方を基礎から段階的に学んでいける参考書です。まず、各章の初めに読解のために必要な文法事項の解説があり、その文法事項が出てくる比較的長い英文を読ませた後で、その英文に対する非常に丁寧な解説が展開されるといった構成です。ただレイアウト的に解説を読んでいるときに英文を参照するのが少し面倒です。できれば英文はコピーしておいた方がいいでしょう。
1日1章進めていけばPart2まで2ヶ月程度で終わると思います。

英文解釈教室

こちらはビジュアル英文解釈とは異なり、最初から難しい。ただ段階的ではなく体系的に学ぶことを目的に書かれているので、後の方になるほど難しくなるということもありません。章というか節の構成自体はビジュアル英文解釈とほぼ同じで、まず読解のための文法事項の解説があり、その文法事項が出てくる例文がいくつか紹介され、その簡潔な解説がなされる。解説が簡潔なのは、この本がある程度解釈力のある人向けに書かれているためであろう。節の最後には例題があり、その例題の解説はビジュアル英文解釈と同様に非常に丁寧になされている。レイアウトはビジュアル英文解釈よりは参照もしやすくいいと思います。
この本をしっかり終わらせれば解釈に関して困ることはほとんどなくなるでしょう。ここまでくれば後は語彙力の問題だと思います。1日1章進めるのはかなり厳しいので、2~4日に1章進めると考えて、1~2ヶ月で1周できると思います。2周目はもっと早く終わらせられるでしょう。


関連記事

関連記事

| 英語について | 22:27 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

今年受験を考えている者ですが、参考にさせて頂きました★

ありがとうございましたm(__)m

| 美緒 | 2009/03/26 22:54 | URL |

そういえば私も昔、ビジュアル英文解釈パート1をやったなぁ・・・

| Azrt | 2009/03/26 23:33 | URL | ≫ EDIT

>>美緒さん
そうですか。頑張ってください。

>>Azrtさん
あれはPart2までやらないと・・・(ry

| Evergreen | 2009/03/28 07:53 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

https://lonelyheart.blog.fc2.com/tb.php/1502-5b51231c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT