FC2ブログ

めぐり逢う世界

旅行のことを中心に、学部やPC関係の話も少し紹介したりするブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

鳩待峠から山の鼻まで―尾瀬散策 Part1

2010年10月2日に自称渓流なら俺に任せろ的な荒巻と尾瀬を散策してきました。

ここから先の日記に荒巻は度々登場してくると思いますのでよろしくお願いします。

荒巻とは池袋駅前で待ち合わせ。

ここで早速荒巻がやらかす。荒巻はこの先も度々やらかすのでよろしくお願いします。そしてそれは全て「傲慢だな」の一言で解決します。

荒巻は出発前何度も

「ヘッドライトちゃんと持って来いよ。」(この日のために僕はわざわざ購入w)

といっていたにも関わらず当日自分が忘れたのである/(^o^)\

傲慢だな。

そしてサンシャイン文化会館から鳩待峠行きの夜行バスに乗って、尾瀬戸倉へ。

尾瀬戸倉というとオリ合宿を思い出す。確かこの辺りでやったはずだ。

というか荒巻がバスの中で異様に寄りかかってきたせいであまり寝付けなかった。これはひどい。

尾瀬戸倉では1時間ほどの待ち時間があった。その後鳩待峠行きの別のバスに乗り換えて鳩待峠へと向かう。

鳩待峠には午前5時13分に到着。これくらい早くに到着できないと尾瀬は楽しめないと思うw

hatomachitoge01.jpg
鳩待峠

鳩待峠は早朝だというのにたくさんの登山客で賑わっていました。

そして午前5時24分に尾瀬ヶ原方面山の鼻へ向けていざ出発。

一瞬で荒巻を見失う。荒巻何処に行ったんだ!

この辺は彼のmixi日記の内容が面白いので引用させて頂く。

午前5時半、来たるべきEver氏の瞬歩炸裂にビビりつつ出発。

Evergreen氏。彼は「瞬歩」と形容される並外れた健脚の持ち主であるという。
まり○氏や○ヒお氏等、過去の滝見旅行の同行者(犠牲者)達は
「Everの歩く速さは異常」とさんざん僕に警告をしていたが・・・・・・

うん。

・・・・速い。

超速い。

走ってこそいないものの、これは歩行の限界速度\(^o^)/
自称は「毎時7キロ」だが、どう見ても7キロを超えています。
本当にありがとうございました。
ものっそい速さ\(^o^)/
富士山なら1時間前半台のペースだろこれww

荒巻が俺も歩き速い方だから大丈夫みたいなこと言ってたから普通に歩いたというのに、意外に遅くて残念でした。

時速約6キロの俺は当然のことながらあっという間に引き離され、行く人行く人に
「あの・・・・なんか黒で背高い人が凄い勢いで歩いていきませんでしたか?」

と聞く羽目に。

「・・・ああ! あの黒の兄ちゃんならだいぶん前に吹っ飛んでいったよ!」
てな問答を三四繰り返し、必死で追いついて以降はペースを落としてもらい、のんびりと歩を進めたのでした。

というわけで荒巻のペースに合わせて歩くことになったが、確かにそれなりには速いし、ヘタれたことも言わないので、割と歩きやすかったです。

山の鼻まではそこまでいい景観はありませんね。

to_yamanohana00.jpg
鳩待峠~山の鼻

そして山の鼻には午前5時55分に到着。時速6.5kmペースであった。

yamanohana00.jpg
山の鼻

ここまでで鳩待峠発の登山客はほぼ全て抜き去ってしまい、ここから先の尾瀬ヶ原をそれなりに独占できる準備が整う。

続きは尾瀬ヶ原―尾瀬散策 Part2にて。

コースタイム

鳩待峠→(30分)→山の鼻


関連記事



ここまでの経路と経費

せんげん台 2134発 非常食145円
↓東武伊勢崎線急行(中央林間行)
北千住 2158着 2205発
↓常磐線快速(上野行) 運賃210円
日暮里 2213着 2219発
↓山手線内回り(池袋・新宿方面)
池袋 2231着
↓徒歩 非常食819円
文化会館 2310発
↓夜行バス 運賃3800円、飲料費245円
尾瀬戸倉 0338着 0447発
↓連絡バス
鳩待峠 0513着 0524発
↓徒歩3.3km
山の鼻 0555着

関連記事

| 旅日記 | 12:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

https://lonelyheart.blog.fc2.com/tb.php/2121-c82e7533

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT