FC2ブログ

めぐり逢う世界

旅行のことを中心に、学部やPC関係の話も少し紹介したりするブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

裏日光の秘瀑 三沢大滝―最強の双瀑

2013年9月1日(日)

この日は山はガスで展望がなさそうなので、最強の双瀑と名高い裏日光の三沢大滝を訪瀑してきました。同行者はkamatsuka。

P1050482_l.jpg



7時20分、女峰山北麓の三沢沿いの林道終点に車を置いて出発。林道終点から2つの踏跡が出ていますが、行きは左の沢へ直行する踏跡を選んで進んでみます。(右は帰りに通りましたが、トラバースルートで、こちらの方が危険でした。)

沢へ降りた後、第一堤体まで沢沿いを歩きます。第一堤体の左岸を巻きながら上の方へ向かっていくと、先で右を選んだときのトラバースルートに合流しました。

P1050438_s.jpg

その後第三堤体手前で情報になかった林道が出現します。

P1050440_s.jpg

どうやら右岸に伸びている林道が延伸されているようで、第三堤体の上で左岸に渡った林道がこちらまで伸びてきているようでした。この林道は左岸の山の上の方へ向かっていっていました。

P1050442_s.jpg

第三堤体から先は沢沿いを適当に進んでいきます。第四堤体は右岸を楽々越えることができますが、足が長ければ直でも行けます。

P1050444_s.jpg

第五堤体は右岸に巻道があり、ロープもかかっています。

P1050445_s.jpg

第五堤体から先はひたすらに平凡な沢が続きます。沢登りの様相は全くなく、沢靴さえあれば誰でも進んでいけるでしょう。

P1050446_l.jpg

巻道がよく紹介されたりしていますが、そんなことは考えずにひたすら進んでいってしまった方が速いような気がしました。

P1050447_l.jpg

同行者はもはやスニーカーです。

P1050448_l.jpg

三沢は基本的に左岸の岩壁が凄い。

P1050451_l.jpg

P1050453_l.jpg

最後の沢の分岐以降、漸く沢らしくなってきます。

P1050456_l.jpg

ただこんなレベルでして、じゃぶじゃぶと適当に行けます。もう三沢大滝はすぐそこです。

P1050457_l.jpg

10時50分、林道終点から3時間半でついに三沢大滝が見えました。

P1050465_l.jpg

おおおお!!これは異空間!!!

P1050482_l.jpg

三沢大滝は滝つぼと呼べるような滝つぼがないので、本当の真下まで行くことができます。

P1050469_l.jpg

三沢大滝、噂通りの名瀑で素晴らしかったです。右の滝が落差80m、左の滝が落差60m程度と思われます。こんな大きな直瀑が2本同じところに落ちている場所は他にあるのでしょうか。感無量です。

P1210871_l.jpg

さて、11時50分発、帰りは巻道を行ってみますが時間は変わりませんでした。

P1050486_s.jpg

三沢は割合ゴミが多かったです。しかも割と最近のペットボトルが多かったです。理由が分かりません。

P1050490_s.jpg

帰りは最後の第一堤体の巻きからトラバースルートを通ってみましたが、一箇所非常に危険だったのでやはり沢ルートがオススメです。15時17分に林道終点に帰還。

下山後は近くの開運の湯へ。泉質も湯温(43-44度)も個人的に適したもので、とてもいいお湯でした。ここには三沢大滝の写真飾ってあって驚きましたが、地元では割と知られた滝のように話されていました。地元では単に大滝というそうです。氷爆の写真もありましたが、いつか行ってみたいものです。

コースタイム

7:20駐車地-10:50三沢大滝11:50-15:17駐車地
歩行時間 6時間57分、行動時間 7時間57分

ルート図

20130901001.jpg

標高グラフ

20130901002.jpg

存外登ったんですねぇ。

関連記事

| 旅日記 | 13:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

https://lonelyheart.blog.fc2.com/tb.php/2693-20d8eb1b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT