FC2ブログ

めぐり逢う世界

旅行のことを中心に、学部やPC関係の話も少し紹介したりするブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

剱岳~北方稜線~小窓氷河~池ノ平―剱岳を贅沢に周回 2日目

2013年9月22日(日)

室堂~剱沢~長次郎谷~熊の岩―剱岳を贅沢に周回 初日の続きです。

この日は熊の岩を出て剱岳本峰に登り、北方稜線を下り、小窓氷河を経由して池ノ平まで向かいました。

P1220240_l.jpg



ビバーク地の熊の岩で目覚めると、八ツ峰に神々しい朝日が・・。

P1220174_l.jpg

源次郎尾根も朝。

P1220176_l.jpg

朝日を浴びながら朝食をとりつつ、撤収準備です。

P1220177_l.jpg

8時、熊の岩を出て長次郎谷左俣を詰め上がって行きます。

P1220179_l.jpg

長次郎谷左俣にはもう雪はほとんど残っておらず、大部分はガレ沢を行った感じ。

P1220184_l.jpg

P1220185_l.jpg

振り返ると源次郎尾根に大集結。いつか行ってみたいですねー。

P1220189_l.jpg

長次郎谷左俣はガレで足場が悪いので、僕らは主に左岸の岩場沿いを上がっていきました。

P1020143_l.jpg

P1220190_l.jpg

快適に岩場を上がっていきます。

P1020146_l.jpg

9時、長次郎のコルに到着しました。

P1220193_l.jpg

真正面に剱岳本峰が聳えます。

P1220196_l.jpg

30分ほど岩棚で休憩して本峰を目指します。本峰を睨む僕。

P1020148_l.jpg

長次郎のコルから本峰までは割と一瞬。概ね稜線上の岩場を上がっていきました。

P1020154_l.jpg

振り返ると八ツ峰と長次郎谷が美しいです。

P1220202_l.jpg

20分ほどの岩登りを経て、

P1220203_l.jpg

9時52分、剱岳に登頂しました!

P1220209_l.jpg

大賑わいの山頂でしばし展望を楽しむとします。

P1220219_l.jpg

P1020172_l.jpg

一番人気の別山尾根からは多くの登山者が上がってきます。

P1220212_l.jpg

早月尾根からも一度上がってきたいものだ。

P1220218_l.jpg

剱沢が箱庭のようです。本当に美しい地形。

P1220214_l.jpg

11時25分、1時間半も休憩してしてしまいました。この先も盛り沢山なので、そろそろ北方稜線へ向かうとしましょう。

P1220229_l.jpg

11時43分、長次郎のコルまで戻って、長次郎の頭は東側を巻いていくとします。

P1220230_l.jpg

P1220231_l.jpg

P1020177_l.jpg

巻き中見下ろすは長次郎谷。

P1020178_l.jpg

巻きながらも基本的に稜線沿いを意識した方がいいと思います。

P1220233_l.jpg

その後は池ノ谷の頭まで稜線上を進みます。

P1220235_l.jpg

振り返ると長次郎の頭の先に剱岳本峰。

P1020179_l.jpg

P1220236_l.jpg

12時19分、池ノ谷の頭に到着。左からチンネ、三ノ窓の頭、八ツ峰の頭のようです。チンネと八ツ峰の頭でクライマーさんたちが休んでいるのが見えますね。

P1220238_l.jpg

池ノ谷の頭から池ノ谷乗越へは大スラブを下る。

P1020184_l.jpg

12時52分、池ノ谷乗越に到着。ここから凶悪な池ノ谷ガリーを下っていきます。

P1220240_l.jpg

何が凶悪というと、超凶悪なガレ場です。落石を落とさずに行くのは不可能に近いと言っても過言ではないので、相方とはかなり距離をあけて歩いていきます。

P1220242_l.jpg

池ノ谷ガリーを下るにつれて勢力を増していく小窓ノ王に目を奪われます。

P1220244_l.jpg

小窓ノ王の左脇に王の肩に向かって王上の稜線と平行についているラインが発射台です。池ノ谷ガリー下降中に見ると、三ノ窓の先はこんなとんでもないところを通っていくのかという感じですが・・。

P1220246_l.jpg

三ノ窓へは最後右岸をちょっとトラバース。凶悪な池ノ谷ガリーを見上げながら・・。

P1220250_l.jpg

13時48分、三ノ窓に到着。

P1220251_l.jpg

三ノ窓からから発射台の取付きに向かって池ノ谷側をややトラバース気味に下っていきます。ここはもうガレはないので安心。

P1020193_l.jpg

池ノ谷ガリーからは何やらヤバそうにも見えた発射台の登りですが、案外呆気なく登っていけます。背後には下ってきた池ノ谷ガリー!ややガスってきてしまいましたが、これは大絶景です!

P1020198_l.jpg

14時15分、小窓ノ王の肩に到着。昼食休憩をしているとガスが晴れてきて池ノ谷が姿を現しました。なんじゃこの大絶壁は!!と、ひたすら感激しきりでした。

P1220257_l.jpg

15時10分、あまりの感激に1時間近くも見とれていましたが、小窓に向かって歩を進めます。

8bef22644795f6e8a278bf0912a9a7b7.jpg

小窓ノ王の肩から小窓までは大分登山道化が進んでおりました。一箇所懸念していた雪渓トラバースも今回は踏跡がついていたおかげでアイゼンを出さずに済みました。

5c8124e1cfd04d11a2fa7221da0b6ac0.jpg

小窓氷河が見えてきました。

P1220263_l.jpg

小窓の背後には池ノ平山。逆杓子現象でそそり立ちます。

P1220264_l.jpg

16時10分、小窓到着。西側には西仙人谷が切れ込んでいました。

P1220266_l.jpg

小窓氷河を少し下っていきます。

P1220267_l.jpg

小窓氷河を少し下ると左岸に旧鉱山道が現れ、後はこれを辿っていくと池ノ平小屋です。しかしこの旧鉱山道、実は北方稜線の核心ともいうべき危険なトラバース道で、ザレ崖が頻発します。山と高原地図に転落事故多しと書いてあるのも頷けます。

P1020231_l.jpg

旧鉱山道はトラバース道が尾根に乗っ越す辺りで展望台への分岐があり、せっかくなのでこちらにも寄っていきました。展望台からはチンネの下にモンローの唇とそこから落下する小窓氷河右岸大滝(仮称)の大絶景が見られました。これは是非晴れた日にもう一度拝みたいものです。

P1220272_l.jpg

17時41分、池ノ平小屋に到着です。テントを張って速攻で夕食をとって就寝です。2日目もいい1日でした。

P1220274_l.jpg

コースタイム

8:00熊の岩-9:00長次郎のコル9:32-9:52劔岳11:25-11:43長次郎のコル-12:19池ノ谷の頭12:32-12:52池ノ谷乗越12:57-13:48三ノ窓13:59-14:15小窓ノ王の肩15:10-16:10小窓16:22-17:18展望台17:25-17:41池の平小屋
歩行時間 5時間53分、行動時間 9時間41分

ルート図

20130922001-1.jpg

標高グラフ

20130922002.jpg

関連記事

| 旅日記 | 17:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

https://lonelyheart.blog.fc2.com/tb.php/2697-083e0e14

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT