FC2ブログ

めぐり逢う世界

旅行のことを中心に、学部やPC関係の話も少し紹介したりするブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

仙人池~仙人谷ダム~下ノ廊下~黒部ダム―剱岳を贅沢に周回 3日目

2013年9月23日(月)

剱岳~北方稜線~小窓氷河~池ノ平―剱岳を贅沢に周回 2日目の続きです。

この日は池ノ平から仙人池を経由して仙人谷ダムまで下り、長い黒部峡谷下ノ廊下を通って黒部ダムへ戻りました。

P1220282_l.jpg



5時7分、朝食も食べずに池ノ平を出発。仙人池へ向かいます。

5時49分、何とか仙人池から裏剱のモルゲンロートに間に合いました。

P1220279_l_2017112323425371b.jpg

これは本当に素晴らしい。言葉にならないくらい感動しました。

P1220280_l.jpg

明鏡止水とはこのことですねえ。

P1220281_l.jpg

裏剱を眺めながら最高の朝食をいただきました。早速1時間半も滞在してしまったw

IMG_1965_l.jpg

7時22分、さてすっかり朝です。黒部峡谷へ向けて足を踏み出すとしましょう。仙人池から仙人谷を下って行き、まずは仙人温泉小屋を目指します。

P1220284_l.jpg

8時33分、仙人温泉の厳選は湯煙が立ち上っておりました。

P1220286_l.jpg

仙人湯からは仙人谷を離れてトラバース気味に右岸の尾根、雲切新道へ上がっていきます。仙人谷がいい雰囲気を放っています。

P1220288_l.jpg

雲切新道は距離と標高差の割にコースタイムが長く設定してあるので少し懸念しておりましたが、実際はなんてことのない普通の登山道でサクサクと仙人ダムまで下っていくことができました。

P1220289_l.jpg

P1220290_l.jpg

10時28分、仙人ダムに到着。ここで下ノ廊下へ向けて心の準備。20分ほどの休憩・・。

IMG_1975_l.jpg

P1020288_l.jpg

仙人ダムでは一旦黒部峡谷を右岸に渡りますが、ここから望む雲切谷大滝がいきなり素晴らしかったです。

P1220292_l.jpg

11時2分、黒部峡谷右岸に渡ったのは一瞬で、東谷吊橋で左岸に戻ります。

P1020292_l.jpg

黒部峡谷永遠の左岸道「下ノ廊下」の始まりです。

P1020293_l.jpg

序盤S字峡付近からしばらくの間峡谷のかなり高いところを歩きます。

P1220293_l.jpg

出だしから断崖絶壁の狭隘な登山道。

IMG_1981_l.jpg

ミスったら墜落必死です。あまり大きな荷物で歩くところではないですね。

IMG_1985_l.jpg

IMG_1986_l.jpg

12時52分、左岸に合流する剱沢を吊橋で渡って、十字峡に到着。

P1020308_l.jpg

ここでは右岸から棒小屋沢が、

P1220298_l.jpg

左岸からは剱沢が十字に合流しています。剱沢には水量豊富な素晴らしい滝がかかっていました。

P1220299_l_20171123234704240.jpg

13時28分、十字峡を出発。十字峡からあまりのヤバさに感心させられる桟道が続きます。

IMG_1987_l.jpg

白竜峡が近づいてきました。

P1020315_l.jpg

白竜峡周辺は下ノ廊下のハイライトといえる素晴らしい渓谷美。

P1220308_l.jpg

IMG_1990_l.jpg

白竜峡にかかるタル沢の滝が見えてきました。

P1220306_l.jpg

雪渓上をトラバースします。

P1020323_l.jpg

本当に素晴らしい。渓谷道も本当に凄い。

P1020324_l.jpg

3年前の大杉谷山行が思い起こされますね。どちらも日本三大渓谷の名は伊達じゃありません。

P1220311_l.jpg

タル沢の滝。

P1220312_l.jpg

息を飲む光景が続きます。

P1220313_l.jpg

P1220314_l.jpg

断崖を行く・・。

P1220316_l.jpg

IMG_2003_l.jpg

さて、もう間もなく黒部別山谷出合ですが、果たしない岩壁くり抜き道が続きますねー。

P1220317_l.jpg

14時41分、見事なスノーブリッジのかかる黒部別山沢出合へと降りていきます。

P1020329_l.jpg

黒部峡谷ではこの時期にこれだけのスノーブリッジが残っているものなんですねー。まぁ下ノ廊下は開通せずに終わることもありますからねw

P1220318_l.jpg

梯子でガレを巻いていきます。

P1020331_l.jpg

振り返って聳えるは壁尾根でしょうか。

P1220321_l.jpg

今度は道上に巨大な雪塊です。

P1020333_l.jpg

対岸に立派な新越の滝が見えてきました。

P1220325_l.jpg

歩道側には大タテガビン沢が大迫力!

P1220326_l.jpg

そして対岸には再び鳴沢小沢の滝が飛び込んできます。

P1220329_l.jpg

鳴沢小沢を過ぎると、断崖の高いところに設けられていた水平歩道も終焉を迎えます。見上げると黒部別山大タテガビン南東壁(黒部三大岩壁、黒部の魔人)の一部でしょうか。

P1220332_l.jpg

内蔵助谷出合の手前で黒部川とほぼ同じ高さまで下っていきます。

IMG_2026_l.jpg

P1220335_l.jpg

16時17分、内蔵助谷出合に到着。

P1220337_l.jpg

内蔵助谷を見上げると、丸山東壁(黒部三大岩壁、黒部の巨人)です。

P1220338_l.jpg

内蔵助谷まで来ると、もう後一息で黒部ダムです。

P1020342_l.jpg

17時1分、黒部ダム直下に到着。

P1220340_l.jpg

対岸に渡って黒部ダムまで必死に登り返します。時間がギリギリだったのでかなり焦りましたが、登山道からトロリーバス乗り場までは近道があって扇沢行きの終バスには余裕をもって乗り込むことができました。

扇沢に戻った後は大町温泉郷で汗を流した後、昭和軒でヒレカツ重(エバログ1)を食べてから帰還しました。

総括

初めての劔岳、最初から非常に贅沢なコース。2泊3日で完全に計画通りに歩けてよかったです。2泊3日の中では今までで一番密度の濃い山行だったのではないかと思います。剱沢からの劔岳、長次郎谷、熊の岩からの八ツ峰、劔岳山頂からの展望、北方稜線の峰々、小窓ノ王の肩からの池ノ谷、小窓氷河、仙人池からの裏剱、仙人谷、下ノ廊下、どれを取っても素晴らしかったです。

この劔岳山行は一生深く心に刻まれる山行となることでしょう。

コースタイム

5:07池の平小屋-5:30仙人峠5:41-5:49仙人池7:23-8:33仙人温泉8:40-9:04雲切尾根-10:28仙人ダム10:50-11:02東谷吊橋11:14-12:52十字峡13:28-14:41黒部別山谷出合-16:17内蔵助谷出合16:22-17:01黒部ダム直下17:06-17:28黒部ダム
歩行時間 9時間9分、行動時間 12時間21分

ルート図

20130923001.jpg

標高グラフ

20130923002.jpg

関連記事

| 旅日記 | 12:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

https://lonelyheart.blog.fc2.com/tb.php/2698-f7e5a194

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT