FC2ブログ

めぐり逢う世界

旅行のことを中心に、学部やPC関係の話も少し紹介したりするブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

富士見平~赤石岳~大聖寺平~荒川岳―紅葉の赤石岳・悪沢岳を周回 2日目

2013年10月13日(日)

大倉尾根~赤石小屋―紅葉の赤石岳・悪沢岳を周回の続きです。

この日は赤石小屋を出て赤石岳を登り、大聖寺平を経由して荒川中岳避難小屋まで向かう予定。

P1220598_l.jpg



9時9分、コンタクトレンズを落として探しまわるというトラブルの末、こんな遅くになっての出発。申し訳なし。結局見つかってよかったですが。

赤石小屋からはこの聖岳と兎岳。

P1220511_l.jpg

9時39分、富士見平から富士山が出迎えます。

P1220514_l.jpg

富士見平は360度の好展望地で、残雪期にここまでハイキングというのもありかもしれませんね。正面には赤石岳。

P1220531_l.jpg

北側には悪沢岳・荒川岳。

P1220532_l.jpg

10時15分発、富士見平で早くものんびりしてしまいました。

P1220535_l.jpg

富士見平からしばらくは根曲がりダケカンバのトラバース道です。残雪期はそのまま尾根上を上がっていくようです。

P1220537_l.jpg

ダケカンバの黄色い紅葉がそれなりにいい感じ。

P1220538_l.jpg

最後稜線までは沢筋を突き上げていきます。

P1220546_l.jpg

稜線、赤石と小赤石の間のコルに出ました。2年ぶりに帰ってこれた!!

P1220556_l.jpg

12時37分、赤石岳到着。

P1220576_l.jpg

小赤石岳と背後に悪沢岳・荒川岳。

P1220573_l.jpg

聖岳が渋い。

P1220586_l.jpg

いつかはこっちにも縦走したいものだ。百間平が楽園にしか見えません。(※翌年に縦走しました。)

P1220595_l.jpg

14時10分、赤石岳で1時間半ものんびりしてしまっての出発。

P1220597_l.jpg

赤石岳のこの重厚感が好きです。

P1220598_l.jpg

小赤石岳の肩好き。北尾根も気になりますね。

P1220604_l.jpg

15時30分、大聖寺平着。荒川岳・悪沢岳は大聖寺平付近からが一番映えます。かつてこれを見て南ア南部の虜になったのです。

P1220609_l.jpg

赤石岳は何処からでも大きく見え、素晴らしく映えますが、荒川中岳への登り途中からの赤石岳はその中でもとりわけ素晴らしいと思います。

P1220624_l.jpg

17時36分、荒川岳到着。この日熊ノ平から縦走してきたという登山者に遭遇。前日は何と甲府から走ったり歩いたりして熊ノ平まで行ったそうです・・。

P1220632_ls.jpg

荒川中岳で3000m峰も残るは前穂高岳と悪沢岳のみとなりました。

P1220639_ls.jpg

この日は荒川中岳避難小屋で素泊まりしました。そして再度コンタクトレンズをなくし、二度と戻ってこないのでした。

続きは悪沢岳~千枚尾根~椹島―紅葉の赤石岳・悪沢岳を周回 3日目にて。

コースタイム

9:09赤石小屋-9:39富士見平10:15-11:08標高2770m11:26-12:37赤石岳14:10-14:27小赤石岳14:40-15:30大聖寺平-15:55荒川小屋16:22-17:36荒川前岳17:42-17:52荒川中岳避難小屋
歩行時間 5時間30分、行動時間 8時間43分

ルート図

20131013001.jpg

標高グラフ

20131013002.jpg

関連記事

| 旅日記 | 22:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

https://lonelyheart.blog.fc2.com/tb.php/2702-6d2d4dcd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT