FC2ブログ

めぐり逢う世界

旅行のことを中心に、学部やPC関係の話も少し紹介したりするブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

悪沢岳~千枚尾根~椹島―紅葉の赤石岳・悪沢岳を周回 3日目

2013年10月14日(月)

富士見平~赤石岳~大聖寺平~荒川岳―紅葉の赤石岳・悪沢岳を周回 2日目の続きです。

この日は周回最終日。荒川中岳避難小屋を出て、悪沢岳を登り、千枚尾根を下り椹島へ戻りました。

P1220674_l.jpg



6時21分、荒川中岳避難小屋出発。この日は14時椹島のバスに乗らなければならないので、出発が遅れるわけには行きません。

P1220640_ls.jpg

神々しい朝日に照らされる悪沢岳へ向かいます。

P1220642_l.jpg

悪沢城へ向かう登り。

P1220647_l.jpg

こんな感じのルートとは想定していませんでした。

P1220652_l.jpg

7時21分、悪沢岳到着。念願の山でした。

P1220654_l.jpg

山頂からは赤石岳が絶品!!!

P1220674_l.jpg

大沢岳も絶妙によいです。

P1220676_l.jpg

荒川中岳は一瞬北アを彷彿とさせた。

P1220677_l.jpg

紅葉する塩見岳の北俣。

P1220681_l.jpg

その後単独で悪沢岳北尾根(西小石尾根)を少し偵察しました。西小石岳より上はハイマツ漕ぎを殆どせずに登ってこれそうでした。そこまではノコギリかナタが必要と言われることもありますが・・。(※悪沢岳北尾根はこれより2年後に訪れることとなります。)

P1220664_l.jpg

8時12分、悪沢岳出発。千枚岳方面へ向かいます。

P1220686_l.jpg

万ノ助カールが素晴らしい。

P1220688_l.jpg

これは絶景の嵐です。南ア南部恐るべし。

P1220692_l.jpg

8時53分、千枚岳到着。千枚岳からの悪沢岳はよく分からないですね。

P1220704_l.jpg

千枚小屋からは木馬道の下り。

P1220714_ls.jpg

千枚尾根唯一の展望所、見晴台からの悪沢岳の眺望。

P1220716_l.jpg

赤石岳もこっそりと。

P1220717_l.jpg

吊橋を渡ってトラバース道を行き、13時20分に無事椹島に戻ってこれて、14時のバスにも乗ることができました。

P1220727_ls.jpg

やはり南アの中でも南部の一つ一つの山のデカさには特筆すべきものがあります。他の山域では中々この密度と重厚感を味わうことはできないでしょう。

この山域にはこれから生きて行く中で数十回と足を踏み入れることになるんでしょうね。

コースタイム

6:21荒川中岳避難小屋-6:42コル6:48-7:21悪沢岳8:12-8:53千枚岳9:07-9:25千枚小屋9:54-11:10標高1750m11:22-11:48小石下-13:20椹島
歩行時間 4時間7分、行動時間 6時間59分

ルート図

20131014001.jpg

標高グラフ

20131014002.jpg

関連記事

| 旅日記 | 12:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

https://lonelyheart.blog.fc2.com/tb.php/2703-25f32518

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT