FC2ブログ

めぐり逢う世界

旅行のことを中心に、学部やPC関係の話も少し紹介したりするブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

富士山 大沢右岸尾根・七太郎尾根で周回

2014年9月21日(日)

この日はむらちゃんから誘いを受けて、カマツカと一緒に大沢右岸尾根で富士山に登りました。

P1260898_l.jpg



標高1750m、富士林道の終点を起点に選びました。富士山頂まで標高差2000mも突き上げなくてはなりません。

P1260789_l.jpg

富士林道終点から平行移動で大沢崩れの右岸尾根を目指します。

P1260795_l.jpg

大沢右岸尾根に入りました。

P1260801_l.jpg

樹林帯を駆け上がって、

P1260804_l.jpg

大沢休泊所(標高2317m)に到着。

P1260812_l.jpg

大沢休泊所の右わきから道が伸びており、少し登って樹林帯を抜け出しました。

P1260833_l.jpg

DSCN4176.jpg

南アルプス全山のお出ましです。大沢崩れは富士山の西面なのでずっと南アルプス全山を拝みながらの山登りができますね。

P1260836_l.jpg

DSCN4188.jpg

大沢崩れの源頭部を望みます。スケール感がすごいです。

P1260866_l.jpg

この辺りから快適な岩場が続き、ガシガシと標高を上げていきます。

P1260873_l.jpg

P1260874_l.jpg

DSCN4194.jpg

P1260886_l.jpg

P1260891_l.jpg

P1260895_l.jpg

P1260897_l.jpg

P1260898_l.jpg

P1260899_l.jpg

大沢崩れの対岸から声が・・?なんと大沢左岸尾根を登られているむらちゃん知り合いPTがいたようです。大沢崩れ越しのやり取りはとても面白いものがありました。

DSCN4201.jpg

標高3200mを超えてきましたが、まだまだ快適な岩場が続きます。

P1260901_l.jpg

P1260902_l.jpg

とても楽しげ。

P1260906_l.jpg

P1260909_l.jpg

大沢崩れでは頻繁に落石。

P1260911_l.jpg

P1260926_l.jpg

P1260943_l.jpg

大沢崩れの源頭も近づいてきました。

P1260946_l.jpg

この辺りから砂付きを歩かなければならないところもちらほら出てきます。

P1260953_l.jpg

P1260957_l.jpg

P1260960_l.jpg

標高3550m、富士山の小窓の王に到着です。

P1260966_l.jpg

DSCN4234.jpg

まだまだ大スラブの登り。

P1260974_l.jpg

次の大スラブを目指してトラバース。

P1260982_l.jpg

2014-09-21-001.jpg

DSCN4243.jpg

標高3650mからの詰めのスラブは超快適。僕は走り出してしまいました。

P1260989_l.jpg

P1260998_l.jpg

稜線に飛び出しました。

P1270004_l.jpg

ここから僅かな登りで剣ヶ峰(標高3776m)です。

P1270005_l.jpg

富士山剣ヶ峰に到着。

P1270009_l.jpg

P1270019_l.jpg

下山は白山岳わきから白草流しに入ってみました。

P1270037_l.jpg

白草流し源頭部は凄いガレで、前方とかなり距離を空けながら下りました。

DSCN4251.jpg

P1270042_l.jpg

標高3400m付近で七太郎尾根に乗りました。

P1270052_l.jpg

七太郎尾根は標高3000m付近から旧道と見られるジグザグの踏跡がありましたね。

P1270064_l.jpg

ガシガシ下って行くとお中道にある御庭山荘(標高2358m)に出ました。

P1270072_l.jpg

ここから仏石流しを目指してお中道を進みます。

P1270079_l.jpg

仏石流しに到着。最後は仏石流しの右岸尾根を利用して富士林道まで下りました。

DSCN4285.jpg

P1270086_l.jpg

最後大沢崩れでの轟音が凄まじかったですね。下界まで響いたんじゃないでしょうか。

P1270088_l.jpg

感想まとめ

2回目の富士山は大沢右岸尾根で登りました。こんなルートがあったとは!ってほど良いルートで、標高差2000m超のバリエーションルート登山だったにも関わらず、全く疲れを感じることなく登れ、最後なんて走って登ってしまいました。

富士林道から行くこのルートは富士山の大きさがしっかりと感じられ、富士山の森と岩、そして大沢源頭と南アルプスの絶景が楽しめるので非常にオススメできます。案内してくださったむらちゃんに感謝!

コースタイム

5:52富士林道-7:37大沢休泊所7:57-9:02標高2700m9:18-10:49標高3250m11:01- 12:08標高3570m12:23-13:00剣ヶ峰14:04-14:15七太郎尾根起点14:28-15:51標高2650m16:04-16:20お中道(御庭)16:32-16:56お中道(仏石流し)17:09-17:21標高2120m17:28-17:53富士林道

ルート図

20140921001.jpg

標高グラフ

20140921002.jpg

関連記事

| 旅日記 | 12:00 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Evergreenさん

はじめまして。
山道具ブログの『目目連』と申します。

富士山の無雪期は混むので、10月下旬~6月中旬の積雪期が私の富士山シーズンですが、このルートだと頂上以外は静かな山旅が楽しめそうですね。

ルート自体も楽しそうだし、参考にさせていただきます。
私のおすすめは4月下旬位までの屏風尾根ですね。
時期が遅くなって、雪が腐って来ると辛くなってくるので、その辺りが最適です。

| 目目連 | 2018/07/31 08:56 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

https://lonelyheart.blog.fc2.com/tb.php/2715-70fa0755

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT