FC2ブログ

めぐり逢う世界

旅行のことを中心に、学部やPC関係の話も少し紹介したりするブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

やさしい理系数学(河合出版)

書くことないので参考書の紹介をします。

今回はやさしい理系数学(河合出版)の紹介です。

まぁ名前でわかる通り数学の参考書ですが、レベルとしてはとてもやさしいとは言えない、東大・京大なんかとは比べるとやさしいよ~、っていうのが合っている感じのやさしいです。

ただ、問題は良問が多いと思う、どういうのを良問というのかはその人の主観によるかもしれないけど・・・。別解が大抵は2~6個くらい載っているので、解けた問題だとしても解答を読めば勉強になることが多々あります。載っている別解のような解き方は他の問題にも応用できるものが多いのが良です。

やさしい理系数学に移行するレベルとしては網羅系(チャートなど)は終わりました程度じゃまだ早い気がします。
網羅系参考書の後に、1対1対応の演習(東京出版)や理系数学の良問プラチカ(河合出版)などを挟む必要がありそうです。ただし、プラチカⅢ・Cはやさしい理系数学に近いレベルなので、あまりオススメしません。プラチカⅠ・A、Ⅱ・Bは手ごろなレベルです。
まぁ私個人としては1対1対応の演習を勧めますが。

やさしい理系数学の後にやる参考書としてはハイレベル理系数学をオススメしますが、東大や京大以外を希望なら過去問演習に入っていいと思います。これは他所でもよく言われていることです。
(てか東大理三と京大医学部以外は数学で稼ぎたい人以外はオーバーワークとも聞きますね。。)

ちなみに俺の難易度付けじゃ参考にならないと思うから2chとかでよく使われている難易度表の数値を2.5倍(100段階化)して紹介しておきます。
白チャート 0~38
青チャート 15~68
理系プラチカ1A2B 38~68
1対1対応の演習 33~73
やさしい理系数学 55~80
ハイレベル理系数学 73~93


関連記事

関連記事

| 数学について | 22:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

https://lonelyheart.blog.fc2.com/tb.php/314-47f63089

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT