FC2ブログ

めぐり逢う世界

旅行のことを中心に、学部やPC関係の話も少し紹介したりするブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

とうとう離婚・・・

残念です・・・、、

小林武史・AKKO元日離婚…12年結婚生活にピリオド:芸能:スポーツ報知
 人気音楽プロデューサーの小林武史氏(48)と、「MY LITTLE LOVER」のボーカル・AKKO(34)が、元日に離婚したことが2日、スポーツ報知の取材で分かった。すでに“別居中”だった2人は、年末に改めて話し合いの場を設け、正式に離婚することを決意。元日に離婚届を提出した。今後もマイラバとして一緒に仕事は続けるという。また、2人の子供の親権はAKKOが持つ。

 夫婦として、アーティストとして、公私をともにしてきた2人が、約12年間の結婚生活にピリオドを打った。1月1日に離婚届を提出した。

 小林氏とAKKOは1995年、ギタリスト・藤井謙二(38)とともにマイラバを結成。小林氏は当初、プロデューサーとして参加していたものの、320万枚を売り上げたアルバム「evergreen」から正式なメンバーに加入。翌96年に2人は結婚し、2人の子供をもうけた。

 02年に藤井が離脱した後は夫婦ユニットとなったが、小林氏がMr.Childrenをはじめ、最近では3人組バンドのレミオロメンなど多くのアーティストをプロデュースし名曲を世に送り出した。ヒットメーカーとして多忙を極めたことから、マイラバはデビュー10周年目を迎えた04年に事実上の活動休止状態に。

 06年11月にはAKKOの「また音楽を始めたい」という希望でユニット活動を再開。だが小林氏はメンバーとして参加することはなく、プロデューサーに専念。活動再開にあたり「正直、前の形(2人)でやるのは難しいと思い、すぐには答えは出てこなかった」と悩みを打ち明けており、2人の音楽性に大きな隔たりが生じてきたことが、私生活にも大きく影響を与えたようだ。

 本紙の取材に小林氏サイドは「12年間の結婚生活で2人で話し合ったうえで、別々の道を歩んでいくことになった」とコメント。さらに「家庭とマイラバの両面で二人三脚で歩んできた2人ですが、音楽的に方向が違ってきたことを含めて、だんだんと足並みが合わなくなってきた」としている。

 小林氏は昨年1月に写真誌に一青窈との“交際”も報じられた。しかし、一青とは仕事をともにする仲で、小林氏は「ミュージシャンとして通じることが多く、一緒に仕事をしていく上で刺激になる存在」と、彼女の音楽的資質を高く評価。自らが発起人となったap bankのイベントにも出演を依頼している。お互い刺激を与えるアーティストという関係で、小林氏は周囲に「一青と再婚することはない」と話している。

 離婚後、2人の娘の親権はAKKOが持つ。慰謝料などについても、小林氏は「責任を持って面倒を見ていく」としている。今後もマイラバの所属事務所の社長として、プロデューサーとしても変わらずAKKOと仕事をともにしていくようだ。



まぁ他の記事では円満離婚とか書いてあったけど、円満離婚とか意味が分かりませんね。

円満だったら離婚なんてしないでしょう。
関連記事

| 音楽について | 23:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

https://lonelyheart.blog.fc2.com/tb.php/752-ecb042ec

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT